わきが対策をしよう!!ニオイにさよなら!!

重度のわきがの対策法をご紹介します|わきが対策をしっかりしていやなニオイにさよならしましょう!!
MENU

重度のわきがの対策法をご紹介します。

 

重度のわきがは石鹸やデオドラントでのケアが通用しないので、対策法は手術となります。

 

最も多い手術方法が、剪除法(せんじょ)です。

 

脇の下を3cm〜5cm切って皮膚を裏返します。
すると時間が経つと臭いを放つ汗を分泌するアポクリン腺が並んでいるので、医師が目視で一つずつ取り除きます。
片方の脇にかかる時間は15分〜20分で、縫合するので手術の跡が残ります。

 

熟練の医師に依頼しなければ脇を露出するのがためらわれるほどの大きな傷が残ります。

 

傷口をガーゼで固定するだけで入院は不要です。

 

手術した部分は永久脱毛となります。

 

一般的に費用は30万円〜50万円で、重度であれば保険が適用されて安くで受けられます。

 

 

手術による傷跡が気になる人には、皮下組織吸引法があります。

 

美容クリニックなどでも行う脂肪吸引と同じように、脇の下を1cmほど穴をあけて管を入れてアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などを吸引します。
傷跡は小さな穴の分だけなので目立ちません。
まとめて汗腺を除去するため手術にかかる時間も短いです。

 

ただしアポクリン腺は剪除法より残っているケースが多く、根っこから除去できないと再発の可能性があります。

 

皮下組織吸引法を改良したのが、超音波吸引法です。
専用の管で汗腺をかき出すのではなく、超音波でアポクリン腺などを破壊しながら吸い出します。

 

火傷や皮膚の壊死といったリスクがあるため、医師とよく話し合って手術法を決めなければなりません。

このページの先頭へ